【チワワ〜ズの病気】薬の追加!アンデイの心臓の定期検診

チワワ〜ズの僧房弁閉鎖不全症 - - ハイジ☆ママ

JUGEMテーマ:ペットの病気

ご訪問ありがとうございます。
ハイジ☆ママです。

私の旧ブログから記事を引越ししました。

 

2015年4月13日の記事ですが、

元の記事はメルマガ記事2014年8月14日の記事です。

()内の文字は加筆しました。

 

〜〜〜〜〜

我が家の年長のアンデイ

(2015年4月当時 14才9か月)
2014年2月より、

僧房弁閉鎖不全症のお薬を服用しています。


IMG_5330 (400x300)



お薬を飲み始めて半年、
アンデイの様子に変化が見られました。

検査の結果、
薬が追加になりました。

その時のことを書いた、
私のメルマガのバックナンバーをアップいたします。
2014年8月14日発行に過筆しました。
(※犬の年齢は発行時のものです)
 

我が家の年長のアンデイ(14才)、

7月中旬に心臓の定期検査をしました。

・レントゲン
・エコー
・心電図

今回は、プラスして、

・血液検査
・目の検査

もしてもらいました。

心臓の方は、

・・・・・
・・・・・

2月の検査時よりも、

・・・・・
・・・・・

悪くなっていました(><)

レントゲン画像を見せていただいたのですが、
素人目に見ても、心臓が大きくなっていました。

=====
咳の変化
=====

飼い主としてアンデイを観察していても、

・咳の種類が変わった

と、思っていたんです。

7月になってから、

・胸の深いところから出るような咳

に変わりました。

そのことと、
検査の結果を踏まえて、
お薬を増やすことになりました。

=====
心臓以外は大丈夫
=====

お薬のおかげなのか、
咳をする回数は減りました。

僧房弁閉鎖不全症は、

・弁置換の手術

以外に、治る病気ではないので、
今後も、お薬を飲みつつ、
上手く付き合っていきます。


一方、

心臓以外の血液検査や目の検査の方は、

・血液検査は、正常値
・目の方は、白内障以外の眼病は認められず

ということでした。

獣医さんにも、

・14才で血液検査が正常値なのは、すごいですよ

って、おっしゃっていただきました。

心臓の方が悪くなっていたので、
そのお言葉で、気持ちが救われました。

=====
アンデイの食事
=====

アンデイの食事の方ですが、

・基本は今まで通り

です。

ちょっと、話がそれますが、
アンデイは、

・心臓病の療法食(動物病院で購入するフード)

は、食べていません。

 

獣医さんにも、

 

・手作り犬ごはんのままで構わない

と言われています。

私が、アンデイの食事で以前より、気を付けている点は、

・肉の脂身は、丁寧にはずす

くらいです。

14才なので、

・今より、体重が重くなる(太る)

は、考えにくいのですが、

・余計な脂肪はつけたくない

という気持ちがあります。

なぜならば、

ドンドン、筋力が落ちてくるのに、脂肪が増えてしまっては、

・カラダを支えるのが大変

な上、

・重たいカラダが心臓にとっても大変

になりかねませんからね。

でも、

・たんぱく源(肉・魚)

は、しっかり食べていますよ。

具体的には、脂肪分の少ない、

・鶏胸肉
・鶏ささみ
・白身魚

が中心です。

時々、脂の部分を外した、

・豚肉
・牛肉

も、食べます。

相変わらず、サプリメントは飲んでいません。

今後飲ませるとしたら、

・獣医師の指示があった場合のみ

になると思います。

アンデイの食事については、

・今後の病状の変化
・心臓以外の高齢による影響

が出た時に、その都度対応していきます。

今は、アンデイが好きな匂いの食材を、取り入れて、

・食べられるうちに、美味しく食べて欲しい

 

という気持ちで、
毎日手作りごはんを作っています♪

 

◆◇◆__◆◇◆

★ハイジ☆ママのホームページ

※講座日程がご確認いただけます。

 

★ハイジ☆ママのアメーバブログ

※手作り犬ごはんのよくある疑問を記事にしています。

【チワワ〜ズの病気】続!アンデイの心臓の病気

チワワ〜ズの僧房弁閉鎖不全症 - - ハイジ☆ママ

JUGEMテーマ:ペットの病気

ご訪問ありがとうございます。
ハイジ☆ママです。

私の旧ブログから記事を引越ししました。

 

2015年4月11日の記事ですが、

もと記事がメルマガの2014年2月13日の記事です。

()内の文字は加筆しました。

 

〜〜〜〜〜

我が家の年長のアンデイは、

(2015年4月当時、14才9か月)


2014年2月より、

僧房弁閉鎖不全症のお薬を服用しています。


IMG_5078 (400x300)

我が家の年長のアンデイ

(2014年2月時点、13才7か月)

先週心臓の検査をしました。

残念ながら、

病状が悪化している

ということで、お薬を飲み始めました。

『フォルテコール』

というお薬です。

今は、まだ一日一回飲むだけです。

=======
飲んでどうか?
=======

正直、
大きな変化は感じません(^_^;)

この意味は、、、、

・元々見た目には苦しそうじゃなかった

からです。

・・・・・
・・・・・

ふ〜〜〜ん、そっか

・・・・・
・・・・・

ですよね(^_^;)

定期的に検査をしていたから、

・病状の変化もわかったし、

・私の心の準備もできたし、

という感じです。

=====
年齢のせいかと思う症状
=====

たぶん、

アンデイみたいに13才くらいの子だと、

・シニア犬だから、咳している

って、思う場合もあるんじゃないでしょうか。

アンデイの場合は、
咳の頻度も、一日中しているわけじゃないです。

お昼寝していて、起きて場所を変えようと移動する時に、

『ゴホッ、ゴホッ、ゴホッ、ゴホッ』

って、4回咳をするだけです。

あとは、ケロリンコです。


・お散歩にも行きたがるし、
・おもちゃでも遊ぶし、
・ご飯もよく食べるし、
 

去年の冬より体調いいじゃない??

っていうくらいなんですよ。

でも、

検査をすると、心臓は確実に悪くなっています。

=====
なぜ、症状が出る前から検査したのか?
=====
 

薬を早くから飲み始めても、僧房弁閉鎖不全症は治りません。

では、なぜ、

私が定期的に検査をしてもらっていたかというと、

『治らないとわかっていても、
自分の経済力の範囲で、
やれることがあれば、やってあげたい』

と、思っていたからです。


うちには、テンカンの持病がある子もいます。
その子の病気も治りません。

一度発作が起きると、

『もしかしたら、これでお別れかも。。。』

って、いう状況になります。

その状況になると、飼い主としてできることは、

・抱きしめて、名前を呼ぶこと

しかないんです。

・何を食べさせればいいの?
・どう世話をすればいいの?

と、考える時間の猶予がないんです。

そのため、

・お薬を飲ませて、ラクに過ごさせてあげられる

という選択ができるならば、

・薬を飲ませるという、世話をしてあげられるならば、

という思いで、定期的に検査をしてました。

もちろん、費用もかかりました。

 

でも、

費用をかけたぶん、
落ち着いて対処できていると思います。

=====
落ち着いて対処するために
=====

私がやってきたことは、
あくまでも、私の場合ですので、

『このやり方が正しい!』
『検査すべきだ!』

とは、申しません。

でも、

もし、ペットがなんらかの病気になってしまった時、

・落ち着いて対処できるか、
・対処するためには、普段どうするべきか、

あなたご自身だったら、どうかな?

という視点で、一度考えてみてくださいね。

少しでもイメージしておくと、
いざと言う時に行動に差が出てきますよ。

アンデイの病状については、
また、ブログに書きます。

◆◇◆__◆◇◆

★ハイジ☆ママのホームページ

※講座日程がご確認いただけます。

 

★ハイジ☆ママのアメーバブログ

※手作り犬ごはんのよくある疑問を記事にしています。

【チワワ〜ズの病気】心臓の定期検査

チワワ〜ズの僧房弁閉鎖不全症 - - ハイジ☆ママ

JUGEMテーマ:ペットの病気

こんにちは!ハイジ☆ママです。

私の旧ブログから記事を引越ししました。

 

2013年11月12日の記事です。

()内の文字は加筆しました。

〜〜〜〜〜

昨日、アンデイときららの心臓の定期検査をしてもらいました。

(2013年11月当時、13才と9才)

 

出発前のアンデイときらら


IMG_5795 (350x263)



アンデイは、緊張している〜ッ(><)



結果は、


・お薬は今のところ、飲まなくていい


とのことでした(ホッ、)



・きららのエコー画像
(先生のご了解を得て撮影しております)


IMG_5803 (350x263)


・アンデイのエコー画像


IMG_5802 (350x263)

 

アンデイの心臓の方は、逆流が少し見られるそうです。

・レントゲン撮影
・心電図

と、総合的に先生が判断して、お薬はまだのまなくていい、となりました。


ただし!
検査間隔が短くなりました。


3か月後に同じ検査をすることになりました。



このままの調子で行ってくれればいいと、願うばかりです。



現状では、食事は今まで通り、サプリも飲ませません。


今、私が気を付けていることは、

・アンデイに気が付かれないように、様子をよく観察する
・お散歩の時は、アンデイのペースに合わせる

です。



人間だって、犬だって、ジロジロ見られるのは、不快ですよね。

そのため、
『気が付かれないように』
観察しています(^_^;)


お散歩もアンデイに無理のないペースで歩いた方が、

アンデイも楽しくお散歩できると思います。

どうしても急がなければいけない時は、抱っこします。


今、まさに、現在進行形の心臓病と向き合っているわけですが、気持ちに多少余裕があるのは、


・かかりつけ動物病院と信頼関係を築いてきた
・自分も心臓の予備知識を学んでいた


というところが大きいと思います。



もし、お宅のワンちゃんも、年齢的に心臓が悪くなる可能性が考えられる場合は、


『愛犬が心臓病と言われた』


のサイトをご覧いただくことを、お薦めします。とっても参考になります。

◆◇◆__◆◇◆

★ハイジ☆ママのホームページ

※講座日程がご確認いただけます。

 

★ハイジ☆ママのアメーバブログ

※手作り犬ごはんのよくある疑問を記事にしています。

【チワワ~ズの病気】心臓の検査しました!

チワワ〜ズの僧房弁閉鎖不全症 - - ハイジ☆ママ

JUGEMテーマ:ペットの病気

こんにちは!ハイジ☆ママです♪

私の旧ブログから記事を引越ししました。

2013年4月14日の記事です。

()内の文字は加筆しました。

〜〜〜〜〜

今までは、犬ごはん中心にブログを書いてきました。

今後は、

・犬ごはん

は、もちろんのこと、

・我が家が経験した病気のこと、

も書いていこうと思います。
 

さて、

チワワ~ズがシニア犬ということは、時々書いています。

改めて書くと、

(2013年4月現在)

・12才9か月(アンデイ)

・11才4か月(ハイジ)

・9才3か月x2頭(クララ、きらら)です。

4頭とも、病気をしなかったわけではございません。
ですが、

おかげさまで、元気にここまで来たと思います。
 

動物病院に肛門腺を絞ってもらいに、月に1回ほど定期的に行きます。

その際に、必ず聴診もしてもらっていました。
 

前回、病院に行った時に、

アンデイときららの心音が、いつもと違う、

と、獣医さんがおっしゃいました。
 

そして、

心臓の検査と血液検査、をすることになりました。
 

ちょっと、グロイですけど、レントゲン画像を!

【アンデイの横向きの画像】

IMG_2743 (380x285)

【きららの縦方向の画像】

IMG_2745 (380x285)

 

アンデイの方は、エコー検査をすると、若干の心雑音が認められるそうです。

そして、

きららの方も雑音があり、レントゲン検査でも、心臓のわずかな肥大が確認できるそうです。

2頭とも、今すぐ薬を飲まなければいけない、ということではないそうです。


今後も、よく様子を観察して、月に1回は聴診を必ずすることになりました。


血液検査では、きららの方が異常なし。

アンデイの方が、若干、主要ミネラルのうち2つが減少傾向でした。
 

でも、

我が家がお世話になっている獣医さんは、

なんでもかんでも、食べ物のせいにはしない獣医さんです。

いろいろな可能性を考えてくださいました。

 

しかしながら、

ミネラル減少による、症状が全く出ていないことを考慮して、

こちらも経過観察となりました。

もし、食べ物のせいだとしたら、

・きららも同じような結果になるはず

ですよね。同じものを食べているので。

ということで、今後、また検査をすることになったら、経過報告させていただきます。

あっ、

食事は、

・今まで通りの物を与えます。
・特にサプリも飲ませません。

今後獣医さんの指示があったら、飲ませます。

〜〜〜〜〜  〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜

検査の日は、朝からアンデイときららを動物病院に預けました。

画像の説明

2頭いないだけで、本当に静かで寂しかったです(><)

夕方お迎えに行って、帰ってきたら、まず、

『ハグ、ハグ、ハグ』

抱きしめちゃいました(^_^;)

画像の説明

こういうことにも、少しずつ慣れて行かなきゃなんですけどね。。。
まだまだ、先にしてほしいです。

愛犬の心臓病について、詳しく書かれたサイトがございます。

>⇒愛犬が心臓病と言われたら

私もコチラのサイトを参考にさせていただきます。

◆◇◆__◆◇◆

★ハイジ☆ママのホームページ

※講座日程がご確認いただけます。

 

★ハイジ☆ママのアメーバブログ

※手作り犬ごはんのよくある疑問を記事にしています。

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM